米中、3月首脳会談を検討 貿易協議続行、期限延長も

  • LINEで送る

22日、米ホワイトハウスの大統領執務室でトランプ大統領(左)と面談する中国の劉鶴副首相ら(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は22日、中国との貿易協議で最終決着を図るため、3月に米国で習近平国家主席との首脳会談を開くことを検討していると表明した。安全保障上の脅威を理由に締め出しを狙う中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を協議対象に含める可能性も示唆。中国の構造改革策で隔たりが残っており、あらゆる材料を使って譲歩を引き出す狙いがある。

 22日までの予定だった貿易協議は2日延ばし話し合いを続ける。トランプ氏は協議が進展すれば、3月1日の交渉期限を1カ月程度延ばし、追加関税率は維持する意向を示した。