豪の車暴走、6人殺害で終身刑 日本人男性も被害

  • LINEで送る

 【クライストチャーチ(ニュージーランド南島)共同】オーストラリア南東部ビクトリア州メルボルンで2017年1月、車を暴走させ通行人をはね、20代の日本人男性を含む6人を殺害したとして殺人罪などに問われたジェームス・ガーガソーラス被告(29)に対し、同州最高裁は22日、終身刑を言い渡した。地元メディアが伝えた。

 死亡した日本人男性は官野陽介さん。日本では作業療法士をしており、メルボルンに英語を学びに来ていた。被告の公判で官野さんの両親は、官野さんを送り出したことを後悔しているとし「事件でメルボルンは安全でない街と認識するようになった」と証言していた。