自民の田畑氏、議員辞職論強まる 刑事告訴受け与党

  • LINEで送る

 与党内で22日、準強制性交容疑で刑事告訴され自民党を離党した田畑毅衆院議員に議員辞職を求める声が強まった。自民党関係者は「心証が悪すぎ、辞職しなければ春の統一地方選や夏の参院選で与党が逆風にさらされる」と指摘。公明党からも大型選挙への影響を回避するため、早期辞職を求める声が出ている。

 田畑氏は21日に離党したものの、二階派には所属しており、二階俊博幹事長の判断が焦点となりそうだ。

 自民党幹部は田畑氏について「告訴されており、離党して済む話ではない」と強調した。自民党中堅議員は、復活当選だったことを踏まえ「離党したのなら議席を返上すべきだ」と語った。