血管形成タンパク質を特定 兵糧攻めでがん縮小

  • LINEで送る

 血管の管状構造を形成するタンパク質を特定したと、鳥取大の尾崎充彦准教授(腫瘍病理学)らのチームが22日、発表した。このタンパク質は「MTA1」で、がんを移植したマウスに、MTA1を作れなくする物質を投与すると、がんに栄養を供給する血管の形成が抑えられ、がんが小さくなったという。

 尾崎准教授は「兵糧攻めでがん細胞を死滅させる手法。血管は多くの種類のがんに必要で、より幅広いがんの治療に応用できる可能性がある」と期待する。

 チームによると、がんでは新たな血管が多数作られ、栄養や酸素を得て、がんが大きくなる。