片岡愛之助さんらが新作歌舞伎 徳島、大塚国際美術館

  • LINEで送る

 大塚国際美術館(徳島県鳴門市)で22日、歌舞伎役者の片岡愛之助さんらが出演する新作歌舞伎「新説諸国譚TAMETOMO」が初上演された。バチカンのシスティーナ礼拝堂を再現したホールで、和と洋のコラボレーションをコンセプトに同館が2009年から始めた「システィーナ歌舞伎」の第9回公演。

 作・演出は水口一夫さん。曲亭馬琴作の伝奇物語「椿説弓張月」をベースに、保元の乱で敗れ、海難で琉球に流れ着いた源為朝の物語を描いた。

 ミケランジェロの天井画を背景に、琉球の衣装や音楽を取り入れた斬新な組み合わせで観客を魅了した。