宮沢は準々決勝敗退で27位 世界ノルディック第2日

  • LINEで送る

距離スプリント・フリー予選で滑走する宮沢大志=ゼーフェルト(共同)

 【ゼーフェルト(オーストリア)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は21日、オーストリアのゼーフェルトで本格的に競技が始まり、距離スプリント・フリーの男子(1・6キロ)で、予選を21位で通過した宮沢大志(JR東日本スポーツ)は準々決勝4組で6位に終わり、27位だった。

 男子は2018年平昌冬季五輪3冠のヨハンネスヘスフロト・クレボ(ノルウェー)が初優勝し、日本勢が出場しなかった女子(1・2キロ)はマイケンカスペシェン・ファラ(ノルウェー)が2連覇した。