エップラーがシート打撃で持ち味 オリックス期待の新外国人

  • LINEで送る

 オリックス期待の新外国人エップラーがシート打撃で持ち味を示した。球威が光り、空振りやファウルを取る場面もあり「感覚は良くなってきているので、このまま続けたい」と順調なペースで仕上がっているようだ。

 米大リーグ経験はないものの、昨季はマイナー3Aで主に先発として13勝(6敗)を挙げた。捕手と息を合わせることも意識したこの日は、196センチの長身から投げ下ろす速球で140キロ台中盤を記録。西村監督は「上背があり、低めに決まれば簡単には打てないんじゃないか」と楽しみな様子だった。(宮崎市)