猪木氏、国民民主党会派入り表明 当面、参院野党第1勢力に

  • LINEで送る

国民民主党会派入りを表明し、同党の玉木代表(左)、自由党の小沢共同代表(右)と握手するアントニオ猪木参院議員=21日午後、東京都内

 無所属のアントニオ猪木参院議員(比例)は21日、東京都内で記者会見し、国民民主党会派入りを表明した。「元気があれば会派も組める。政治改革に向け、力を合わせて頑張りたい」と述べた。改選を迎える夏の参院選への対応は明言を避けた。現在の参院会派勢力は、国民と立憲民主党が27議席で並んでいる。猪木氏の加入で国民会派が野党第1会派となり、国会運営で与党との交渉役を担う。

 会見には国民の玉木雄一郎代表のほか、統一会派を組む自由党の小沢一郎共同代表が同席。小沢氏は、猪木氏に参院選に立候補するよう求めたが、猪木氏は「一寸先はハプニングだ。先の話は次にしたい」と語った。