子宮頸がん、50年で4千万人 ワクチンと検診で撲滅可能

  • LINEで送る

 対策を強化しなければ今後50年間で4400万人以上が子宮頸がんになるとする推計結果をオーストラリア・ニューサウスウェールズ大などのチームが20日、英医学誌ランセットの姉妹誌に発表した。一方ワクチン接種と検診の実施率を上げることで、今世紀中にほとんどの国で撲滅することが可能という。

 子宮頸がんは、ウイルス感染が原因で発症する病気で、人口増加や高齢化に伴って世界的に患者数が増えると考えられている。このため世界保健機関(WHO)はワクチン接種や検診などの対策強化を各国に求めている。だが中・低所得国では普及していないのが実情だ。