ファーウェイ創業者が米に猛反発 「つぶせるわけがない」

  • LINEで送る

ファーウェイの任正非CEO

 【上海共同】中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の創業者兼最高経営責任者(CEO)の任正非氏は、英BBC放送が19日までに報じたインタビューで「米国が当社をつぶせるわけがない」と語り、米政府が安全保障上の脅威を理由に各国へ同社排除を求めていることに反発した。

 高速大容量の第5世代(5G)移動通信システム開発でファーウェイは先行しているとされ、任氏は「(他社よりも)当社は進んでおり、世界はわれわれを放っておかない」と強調。今後の事業拡大に自信を見せ「米国は世界の代表ではなく、一部分にすぎない」と語った。