中日の松坂「少しでも早く」 復帰へ意欲、時期明言せず

  • LINEで送る

中日の松坂大輔投手

 右肩の炎症でキャンプから離脱した中日の松坂大輔投手が19日、トレーニングのため訪れたナゴヤ球場で取材に応じ「よくなっていると思う。少しでも早く投げたいという気持ちはある」と復帰への意欲を示した。戻る時期は明言せず「自分の感覚を大事にしてやっていきたい」と話すにとどめた。

 「投げることに関しては止められている」と現状を説明。肩の違和感が明らかになった11日も打撃練習では力強くスイングしており「(投球以外は)ストレスなくできている」と語った。

 松坂はキャンプ中にファンと接触した影響で右肩に違和感を訴え、検査で炎症と診断された。