体罰禁止「検討したい」厚労相 児童虐待関連法の改正巡り

  • LINEで送る

 千葉県野田市の小4女児が死亡し傷害容疑で両親が逮捕された事件を巡り、根本匠厚生労働相は19日の閣議後記者会見で、今国会で提出予定の児童虐待防止法や児童福祉法の改正案に体罰禁止を盛り込むことについて「議論を踏まえ法務省と協議しながら検討していきたい」と述べた。

 児童虐待防止法は「監護及び教育に必要な範囲を超えて児童を懲戒してはならない」と規定。小4女児の死亡事件を受け、法に体罰禁止を明記すべきだとの意見は与党内からも出ており、こうした指摘を踏まえた発言とみられる。

 監護や教育のために子どもを懲らしめる懲戒権を民法から削除するよう求める声も上がっている。