長野の上田城修復に10億円寄付 匿名希望の市民、昨年末に

  • LINEで送る

現存する上田城の櫓=長野県上田市(市教育委員会提供)

 長野県上田市教育委員会は19日、市内にある上田城の修復に役立ててほしいと、匿名を希望する市民から昨年12月末に10億円の寄付を受けたと明らかにした。明治時代に失われた櫓の復元を希望しているという。

 市教委は「城の修復にこれだけの金額の寄付は全国でも聞いたことがない。寄付者の要望に沿えるよう努める」と話している。

 上田城は、戦国武将真田氏ゆかりの城で、江戸時代には7基の櫓があったとされるが、明治時代に4基失われ、現在は3基が残る。

 市教委によると、寄付者は教委を直接訪れて寄付を申し出、10億円を振り込んだという。