千葉の巡査が145キロ走行疑い 「歯医者の予約」

  • LINEで送る

 千葉県警は19日、千葉市の市道で、法定速度を85キロ上回る時速約145キロでスポーツカーを運転したとして、道交法違反(速度超過)の疑いで千葉中央署地域課の20代男性巡査を14日に書類送検したと明らかにした。県警は14日付で減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とした。

 県警によると、容疑を認め「歯医者の予約があり、早く寮に帰りたくてスピードを出してしまった」と供述している。

 書類送検容疑は1月10日午後、千葉市稲毛区の市道で、法定速度60キロを85キロ上回る速度で走行した疑い。勤務を終えて帰宅する途中、交通取り締まりで摘発された。