沖縄県の審査申し出を却下 辺野古移設巡り係争委

  • LINEで送る

沖縄県の審査申し出却下を決定し、記者会見する「国地方係争処理委員会」の富越和厚委員長=18日午後、総務省

 沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設を巡り、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」は18日の第4回会合で、沖縄県の審査申し出を却下すると決めた。県が辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回したのに対し、国が撤回の効力を停止したことは、国の関与に該当しないと判断した。国の対応が違法かどうかの実質的な審議はせず、入り口段階で「門前払い」とした形だ。

 一方、沖縄県の玉城デニー知事は「主張を認めなかったのは誠に残念だが、埋め立て承認取り消しは有効だ。適法性を全力で訴える」とのコメントを出した。