アイドル自殺訴訟で母親が会見 「同じ悲しみ望まない」

  • LINEで送る

アイドル自殺訴訟の第1回口頭弁論を終えて記者会見する、大本萌景さんの母親の幸栄さん(中央)=18日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 愛媛県の農業アイドル「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん=当時(16)=の自殺を巡る損害賠償請求訴訟で、原告で母親の幸栄さん(43)が18日、東京地裁での第1回口頭弁論後に東京都内で記者会見し「同じ夢を持つ子供たちに、同じような悲しく苦しい思いをしてもらいたくない」と訴えた。

 幸栄さんは訴状で、長時間の拘束やパワハラが自殺の原因になったと主張。萌景さんが所属していた松山市の「Hプロジェクト」と社長は争う姿勢を示している。

 原告代理人の望月宣武弁護士は「会社の主張はわれわれの認識とはずいぶん異なる。事実を明らかにしていきたい」と話した。