ドナー休暇導入を企業に働き掛け 骨髄バンク普及支援と首相

  • LINEで送る

 安倍晋三首相は18日の衆院予算委員会で、競泳女子の池江璃花子選手の白血病公表で関心が高まる骨髄バンクについて「骨髄提供があって初めて成り立つ仕組みだ。希望者がドナーになりやすい環境を整備することが重要だ」と指摘。2019年度から、ドナー休暇制度の導入を企業に働き掛ける活動を支援するとした。

 同時に、若年層のドナー増加が重要だと強調し、会員制交流サイト(SNS)での啓発を進めると述べた。

 国民民主党の玉木雄一郎氏への答弁。