「日本盗っ人たけだけしい」 韓国国会議長、謝罪要求に反発

  • LINEで送る

韓国の文喜相国会議長

 【ソウル共同】韓国の文喜相国会議長は、天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決するとした自身の発言について、日本側が求めている撤回や謝罪には応じない考えを示した上で「謝罪すべき側がせず、私に謝罪を求めているのは盗っ人たけだけしい」と反発した。複数の韓国メディアが18日、文氏のインタビューを報じた。

 文氏がさらに強硬発言を行ったことで、日本が反発を強めるのは必至で、問題は長期化しそうだ。文氏は、今月末の米朝首脳再会談を控えて日米韓の連携が必要な時期に、安倍晋三首相が国内政治に利用するためにこの問題を争点化しているとも主張。自身の正当性を強調した。