アルペン向川は1回目途中棄権 世界選手権、シフリン4連覇

  • LINEで送る

 【オーレ(スウェーデン)共同】アルペンスキーの世界選手権は16日、スウェーデンのオーレで女子回転が行われ、初出場で27歳の向川桜子(秋田ゼロックス)は1回目途中棄権に終わった。

 1回目で3位だった23歳のミカエラ・シフリン(米国)が2回の合計タイム1分57秒05で逆転し、4連覇の快挙を達成した。地元スウェーデンのアンナ・スベンラーションが0秒58差で2位。大回転との2冠を目指したペトラ・ブルホバ(スロバキア)はトップと1秒03差の3位だった。