米中西部で発砲、5人死亡 イリノイ州、5人が負傷

  • LINEで送る

15日、米イリノイ州オーロラで、発砲事件現場に駆け付けたライフル銃を持った警察官(シカゴ・トリビューン提供、AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米中西部イリノイ州の北部オーロラにある産業用バルブ製造会社の建物で15日午後、男が銃を発砲し、民間人5人が死亡、警官ら少なくとも5人が負傷した。地元警察幹部が記者会見で明らかにした。警官との銃撃戦で男も射殺された。

 男はゲーリー・マーティン容疑者(45)で、同社の従業員とみられる。地元メディアによると、マーティン容疑者の母親は警察当局に対し、容疑者は2週間前に解雇され「ストレスを感じていた」と説明したという。

 警察幹部によると、警官隊は通報から4分以内に現場に到着し、建物に入ったとたんに銃撃を受けた。