西武の山野辺、悪癖を修正 ティー打撃を繰り返す

  • LINEで送る

早出の守備練習で辻監督(右)から手ほどきを受ける西武の山野辺=日南・南郷

 二塁の定位置獲得を目指すドラフト3位ルーキー、西武の山野辺(三菱自動車岡崎)が全体練習後にティー打撃を繰り返した。外角球を押し出すように打ってしまう癖を直すためで「外の球を強い球で打ち返したい」と意欲的だった。

 早出練習では現役時代に名二塁手だった辻監督から付きっきりで捕球体勢のつくり方やステップを伝授されるなど充実の日々が続く。16日に紅白戦が始まる。「結果を求められる。楽しみな部分もある」と笑顔だった。(日南)