改元対応へ全国で説明会、経産省 15日から10カ所

  • LINEで送る

 経済産業省は14日、改元に向けてシステム改修の注意点などを企業に伝える説明会を全国10カ所で15日から順次開催すると発表した。経営に和暦を使用している企業に対し、混乱が発生しないように事前の対応を促す。

 4月1日に新元号が公表され、5月1日に切り替わる予定。経産省は「前回の改元時よりもITが普及し、システム同士の連携が複雑になっている」と述べ、注意を呼びかけている。

 まずは15日に東京都で開く。20日に札幌市、21日に仙台市、22日に福岡市、26日に那覇市、27日に高松市、3月4日に富山市、7日に大阪市、11日に名古屋市、18日に広島市で予定している。