賞味期限迫ると値引きを通知 経産省、電子タグで実験

  • LINEで送る

電子タグ(左下)を貼り付けた商品と、ポイント還元を知らせるスマートフォンのデモ画面=12日、東京都江東区の「ココカラファイン清澄白河店」

 経済産業省は12日、電子タグを使って商品の消費期限や賞味期限を管理し、期限が迫ると消費者のスマートフォンなどに値引きやポイント還元を通知する実証実験を、東京都内のドラッグストアやコンビニで始めた。28日まで。小売り現場の人手不足解消につなげ、食品ロスも削減する狙いがある。

 ドラッグストア「ココカラファイン清澄白河店」では牛乳やヨーグルトを対象に実験を始めた。商品棚のリーダーが自動的にタグを読み取り、無料通信アプリのLINE(ライン)に期限の約1週間前の商品名と期限が通知される。購入するとポイント還元が受けられる仕組み。