大正時代の貴賓室を再現 重要文化財のJR門司港駅

  • LINEで送る

改修を終え報道陣に公開された門司港駅舎の旧貴賓室=4日午後、北九州市門司区

 JR九州は、国の重要文化財で、1914年に完成したネオ・ルネサンス様式の門司港駅舎(北九州市門司区)の旧貴賓室の改修を終えて4日、報道陣に公開した。大正天皇が休憩した歴史を持ち、35年に貴賓室としての役割を終えた部屋に、大正時代の重厚な雰囲気がよみがえった。

 今年3月10日に全面開業する駅舎の保存・修理の一環。旧貴賓室は2階にあり、幅6・3メートル、奥行き6・8メートル。高級感のあるチーク材を使った天井から5灯シャンデリアがつり下がり、室内を照らす。紫色の壁紙も当時を再現している。

 旧貴賓室は全面開業後に、駅舎にオープンする洋食レストランとして使う予定。