J1神戸、初実戦は引き分け 注目のビジャら先発

  • LINEで送る

米プロリーグMLSのコロンバスとのプレシーズンマッチでドリブルするJ1神戸・イニエスタ=28日、アーバイン(共同)

 【アーバイン(米カリフォルニア州)共同】米国遠征中のJ1神戸は28日、カリフォルニア州アーバインで米プロリーグMLSのコロンバスとプレシーズンマッチを行い、今季初実戦を0―0で引き分けた。

 試合は前後半各35分、選手交代に制限のない変則形式で実施された。神戸は新加入の元スペイン代表ビジャと、ポドルスキ、イニエスタの注目の攻撃選手が先発でそろい踏み。後半はC大阪から加入の山口蛍も登場。中盤で何度も相手の攻撃の起点をつぶし「始動して日も浅いが、試合を35分だけこなせたのは良かった」と振り返り、リージョ監督は「少し効率性が足りなかった」と攻撃面の課題を挙げた。