サッカー日本、イランと準決勝 酒井宏「勝つことが全て」

  • LINEで送る

イラン戦に向けて調整する酒井宏(右端)ら=アルアイン(共同)

 【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのアジア・カップで2大会ぶりの優勝を狙う日本は28日午後6時(日本時間同11時)から、アラブ首長国連邦(UAE)のアルアインでイランとの準決勝に臨む。酒井宏樹(マルセイユ)は強豪との大一番に向け「勝つことが全て。それ以外も、それ以上もない」と言葉に力を込めた。

 5連勝している日本だが試合内容への見方は厳しく、森保一監督は記者会見で毎回のように守備的な戦いに批判的な質問を浴びる。監督が「選手が勝負にこだわってやってくれている」と答えているように、試合運びは選手が選び取っている側面もある。