九電、玄海原発に貯蔵施設新設 規制委にきょう申請

  • LINEで送る

九州電力の玄海原発=佐賀県玄海町

 九州電力が、玄海原発(佐賀県玄海町)の使用済み燃料の収容量を増やすため、特殊な金属容器の中で使用済み燃料を冷やして保管する「乾式貯蔵」施設を敷地内に新設することを決めたことが22日、分かった。同日午後に原子力規制委員会に申請するとともに、佐賀県と玄海町に報告する。

 九電は併せて、玄海原発にある貯蔵プールの燃料同士の間隔を狭め、収容能力を高める「リラッキング」を実施することも決定した。

 九電は2018年3月と6月に玄海原発3、4号機をそれぞれ再稼働させており、使用済み燃料の収容量を増強させる必要性が高まっていた。