米朝、非核化へ実務協議を本格化 スウェーデン、日本も局長現地へ

  • LINEで送る

米朝実務協議の会場とされる国際会議場周辺に配置された警察車両。手前は報道陣=20日、ストックホルム郊外(共同)

 【ストックホルム、ワシントン共同】米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表と北朝鮮の崔善姫外務次官は20日、訪問先のスウェーデンで、非核化交渉を巡る意見の隔たりの解消に向けた実務協議を本格化させた。韓国の聯合ニュースが協議の開始を報じた。

 スウェーデンには韓国外務省の李度勲・朝鮮半島平和交渉本部長も滞在しており、3者会談に発展する可能性もある。日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長も現地に向かった。ビーガン氏と会談する予定。

 ビーガン氏と崔氏は22日まで開かれる国際会議への出席名目で現地を訪れている。両氏による実務協議は初めて。