阪神の西「1イニングでも長く」 新天地で貢献期す

  • LINEで送る

室内練習場で練習を公開した阪神・西(右)。左は藤浪=西宮市

 オリックスからフリーエージェント(FA)で阪神に移籍した西勇輝投手が20日、兵庫県西宮市の甲子園球場に隣接する室内練習場で練習を公開し、新天地で迎えるシーズンに「1イニングでも長くマウンドに立ち続けたい」とチームへの貢献を期した。

 この日は雨で屋外での調整ができず「晴れてほしかった」と残念そうな表情を浮かべたが、藤浪晋太郎投手らと時折談笑しながら、キャッチボールやダッシュなどで精力的に汗を流した。

 昨年末から米ハワイで、2年続けて最多勝に輝いた巨人の菅野智之投手らと一緒にトレーニングし「気になったことは常に聞いて勉強してきた」と言う。