インフルエンザ全国で猛威 患者163万人、警報水準

  • LINEで送る

A型インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供)

 国立感染症研究所は18日、全国約5千の定点医療機関から13日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者は1医療機関当たり38・54人で、警報レベルの30人を超えたと発表した。全国で推計約163万人の患者が医療機関を受診。約58万人だった前週の3倍近くなった。

 都道府県別で1医療機関当たりの患者数が最も多いのは愛知で75・38人。熊本(58・79人)、岐阜(53・94人)、鹿児島(52・34人)、静岡(52・22人)が続いた。入院は60代以上が全体の64%を占め、10歳未満も23%と多かった。今シーズンのこれまでの患者数は推計で約328万人。