特別背任罪でゴーン前会長追起訴 東京地検特捜部

  • LINEで送る

カルロス・ゴーン容疑者

 東京地検特捜部は11日、私的な投資の損失を日産自動車に付け替えたなどとして、会社法違反(特別背任)の罪で前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)を追起訴した。処分保留となっていた有価証券報告書3期分の役員報酬過少記載容疑についても、金融商品取引法違反の罪で追起訴した。

 ゴーン被告はいずれの起訴内容も否認しており、弁護人は保釈を請求する方針。

 特捜部はまた、金融商品取引法違反の罪で、前代表取締役グレゴリー・ケリー被告(62)=保釈中=と、法人としての日産を追起訴した。