韓国、佐藤外務副大臣投稿を批判 元徴用工問題巡り

  • LINEで送る

 【ソウル共同】元徴用工問題を巡る10日の文在寅大統領の発言を佐藤正久外務副大臣が「事実を事実として見ていない」とツイッターで批判したことについて、韓国外務省当局者は11日、「極めて遺憾だ。日本こそ歴史を直視し、謙虚な姿勢を持たなければならない」と逆に批判した。

 文氏は10日の記者会見で、日本企業に賠償を命じた最高裁判決について「日本は韓国政府が司法判断を尊重すべきなのはやむを得ないとの認識を持つべきだ」と発言。佐藤氏は「(日本が)協議要請中なのに、その回答をしないばかりか、この発言とは。事実を事実として見ない発言の繰り返しだ」と投稿した。