電車にはねられ2人死亡、千葉 母が乳児連れ自殺か

  • LINEで送る

 10日午後11時半ごろ、千葉県船橋市前原東4丁目の新京成電鉄の踏切で、松戸発京成津田沼行き普通電車に女性がはねられ死亡した。船橋東署によると、現場で男児が見つかったが、搬送先の病院で死亡。署は関東地方に住む20代女性が、自身の0歳の子どもを連れて自殺したとみて身元や状況を調べる。

 女性は男児を抱いた状態で踏切に立ち入ったとみられる。警報器や遮断機は正常に作動していた。運転士は「人がいるのに気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているという。

 乗客や乗員にけがはなかった。