アニメ舞台で日中韓交流、豊島区 来年2月から

  • LINEで送る

記者会見する東京都豊島区の高野之夫区長=13日午後、豊島区役所

 文化庁と東京都豊島区は13日、文化や芸術を通じて日中韓3カ国の相互理解を深める交流イベント「東アジア文化都市2019豊島」を来年2月1日から11月24日まで開催すると発表した。漫画・アニメや舞台芸術など60以上の催しを随時行う予定で、一部のイベントは有料。

 豊島区は、故手塚治虫さんや故赤塚不二夫さんら著名漫画家が暮らしたアパート「トキワ荘」があったため「漫画・アニメの聖地」をアピールしている。高野之夫区長は記者会見で「文化の祭典でもある2020年東京五輪・パラリンピックにつなげていく取り組みにしたい」と意気込んだ。