辺野古移設反対へ沖縄で新組織 県民投票で県政与党

  • LINEで送る

辺野古移設の賛否を問う県民投票に向け、沖縄県政与党などが開いた会合。移設反対の民意を示すための連絡会を立ち上げた=9日、那覇市

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票を巡り、県政与党などは9日、那覇市で会合を開き、移設反対の民意を示すために連絡会を立ち上げた。

 会合には県選出の国会議員や県議、企業、団体関係者ら約140人が参加。連絡会は県内全市町村に連携する組織を設置し、反対票獲得に向けた広報活動などをする。共同代表に就任した照屋義実県政策参与は「選挙で何度も(反対の)民意は示されているが、安倍政権が聞かない以上、何回でも民意を示していかないといけない。全力を尽くしていく」と述べた。