正力賞に工藤監督 3年ぶり3度目の受賞

  • LINEで送る

プロ野球日本シリーズで2連覇を果たし、胴上げされるソフトバンクの工藤監督=3日、広島市のマツダスタジアム

 今年のプロ野球の発展に最も貢献した監督、選手に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が20日、東京都内で行われ、ソフトバンクを2年連続の日本一に導いた工藤公康監督が満場一致で選ばれた。選手時代の1987年、監督に就任した2015年に続き3度目の受賞。

 工藤監督は球団を通じ「今年ほどたくさんの人の関わりと頑張りがあってチームが成り立っていることを実感したことはなかった。感謝しています」とコメントした。パ・リーグ2位から日本シリーズに進出。大胆な選手起用など短期決戦での采配が光り、セ・リーグ3連覇の広島を4勝1敗1分けで下した。