V3カープの経済効果、過去最高 356億円、観客増で

  • LINEで送る

優勝ペナントを手に、場内一周する広島の選手ら=9月26日、マツダ

 中国電力(広島市)は20日、セ・リーグ3連覇を果たしたプロ野球広島カープの、広島県内での2018年の経済効果は年間約356億円で過去最高と発表した。昨年より約5億円増えており、3連覇への期待から観客動員数が増加したことが押し上げの要因となった。

 中国電力は本拠地マツダスタジアムがオープンした09年から試算を実施し、18年の観客動員数は約242万人、雇用効果は約3210人でいずれも過去最高。昨季はクライマックスシリーズで敗退したが、日本シリーズ進出で試合数が増加し、球団関連のセール開催数が増えて消費を刺激した。