12月に大分でオスプレイ訓練 最多で4機参加

  • LINEで送る

オスプレイが参加する日米共同訓練について、防衛省九州防衛局の説明を聞く大分県の広瀬勝貞知事(中央)ら=19日午後、大分県庁

 防衛省九州防衛局は19日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の輸送機オスプレイが参加する日米共同訓練を、12月に大分県の陸自日出生台演習場(由布市など)で実施すると明らかにした。最多で4機が参加する。オスプレイが同演習場で運用されるのは初めて。

 三貝哲九州防衛局長が同日、広瀬勝貞大分県知事と県庁で会談し、伝達した。

 沖縄県の負担軽減を目的とした訓練移転の一環で、12月7〜19日に実施する。オスプレイは同12、16の両日に2機ずつ同演習場周辺を飛行、12日は夜間飛行も予定する。