学習塾連合が本格始動 経営安定のサービス確認

  • LINEで送る

東京都内で開かれた学習塾の新連合「教育アライアンスネットワーク」の設立記念会。右奥はあいさつする下屋俊裕代表理事=18日午後

 学研ホールディングスと市進ホールディングス(千葉県市川市)を中心とした全国の学習塾など130社超による新連合が18日、東京都内で設立記念会を開き、本格的に始動した。この日は、地域の塾の経営安定や人材育成に役立つサービスについて確認した。

 新連合の名称は「教育アライアンスネットワーク」で、各地の有名塾などが参加。合計の売上高は1170億円で学習産業では国内2位の規模、生徒数は46万人になる。少子化や講師の人手不足といった課題を抱えるが、人工知能(AI)の活用などで業務をスリム化し、独自性を発揮した塾経営を目指す。