首相、保護主義台頭に懸念示す 自由貿易推進へ積極関与

  • LINEで送る

 【ポートモレスビー共同】安倍晋三首相は18日、パプアニューギニア・ポートモレスビーでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、米中両国の貿易摩擦を踏まえ、保護主義の台頭に懸念を示した。世界貿易機関(WTO)改革など、自由貿易を巡る国際ルール策定へ積極的に関与する姿勢も表明した。

 保護主義の台頭に関し、世界中で貿易摩擦が激化し経済に混乱を招きかねないとして、改めて警鐘を鳴らした形だ。

 年内に発効する環太平洋連携協定(TPP)が、21世紀の貿易や投資ルールの基礎になり得ると強調。アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の将来的な実現に意欲を見せた。