サッカー日本、キルギス戦へ調整 豊田に移動、20日対戦

  • LINEで送る

キルギス戦に向け調整する日本イレブン=愛知県豊田市

 サッカー日本代表は、1―1で引き分けた大分市でのベネズエラ戦から一夜明けた17日、キルギス代表との国際親善試合(20日・豊田スタジアム)に向けて空路で移動し、愛知県豊田市内で調整した。16日に先発したメンバーは軽いメニューで体をほぐし、原口(ハノーバー)槙野(浦和)らはシュート練習などで汗を流した。

 冨安(シントトロイデン)は右膝の打撲で練習に参加しなかった。

 キルギス戦は今年最後の試合で、来年1月にはアラブ首長国連邦(UAE)でのアジア・カップに臨む。