ザギトワ、世界最高でSP首位 白岩優奈5位、山下真瑚は9位

  • LINEで送る

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロシア杯第1日は16日、モスクワで行われ、女子ショートプログラム(SP)で平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がルール改正後の自身の世界最高得点を更新する80・78点をマークして首位発進した。

 白岩優奈(関大KFSC)が60・35点で5位となり、松田悠良(中京大)が52・00点で8位。第2戦のスケートカナダで2位の山下真瑚(愛知・中京大中京高)は51・00点で9位と出遅れた。

 最終日の17日に各種目のフリーを実施する。