不振の稀勢の里、4日目も出場 一人横綱、初日から3連敗

  • LINEで送る

横綱稀勢の里

 大相撲の東横綱稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が14日、九州場所4日目に出場することが決まった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が福岡県大野城市の田子ノ浦部屋で明言。初の一人横綱として臨んだ今場所は初日から3連敗と不振が続いている。4日目は平幕栃煌山と対戦。

 稀勢の里は8場所連続休場明けの先場所で10勝を挙げ、進退問題の危機をひとまず乗り切った。だが完全復活を目指した今場所は取り口に精彩を欠き、横綱としては1992年初場所の旭富士以来となる初日から3連敗を喫した(不戦敗を除く)。