島根大病院「深くおわび」 被害者カルテ不適切閲覧

  • LINEで送る

記者会見し謝罪する島根大病院の井川幹夫病院長(左)ら=13日午後、島根県出雲市

 島根大病院(島根県出雲市)で今月、多数の医療関係者が業務と関係ないのに、搬送された殺人事件被害者の電子カルテを閲覧していた問題で同病院は13日、記者会見し「興味本位の閲覧があった。深くおわびする」と謝罪した。今後、遺族にも直接謝罪するという。

 5日、出雲市の住宅で高齢女性ら2人が襲われ、うち1人の搬送先だった同病院では5日からの3日間で約240人が女性のカルテにアクセス。同病院は不適切な閲覧があるとし、7日に閲覧できないようにした。

 同病院は全職員に注意喚起し、不適切な閲覧をしたとみられる職員に対し個別に警告し、処分する予定だ。