ゴールデングラブ賞にSB甲斐ら プロ野球、松田宣は6年連続

  • LINEで送る

広島との日本シリーズで、二盗を阻止するソフトバンクの甲斐拓也捕手=ヤフオクドーム

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ賞が8日、発表され、パ・リーグは2年連続日本一に輝いたソフトバンクから甲斐拓也捕手、松田宣浩三塁手、柳田悠岐外野手の3人が選出された。松田宣は6年連続で、今回の受賞選手の中で最多の7度目の受賞となった。

 セ・リーグは3連覇した広島から菊池涼介二塁手、田中広輔遊撃手、丸佳浩外野手の3人が選ばれた。菊池は256票で両リーグ最多得票となった。

 選考は全国の新聞、通信、放送各社のプロ野球担当者の投票で行われ、有効投票数はセが276、パが248だった。