レジ袋有料化を環境省素案に明記 使い捨てプラごみ25%削減

  • LINEで送る

プラスチックごみの削減を検討する中央環境審議会小委員会であいさつする原田環境相=19日午後、東京都千代田区

 環境省は19日、深刻な海洋汚染につながるプラスチックごみの削減を検討する中央環境審議会小委員会に、レジ袋有料化の義務付けや、ペットボトルなど使い捨てプラスチック排出量の2030年までの25%削減などを明記した戦略素案を提示した。年内に大枠をまとめる。

 レジ袋有料化は、中小・零細事業者の実情を踏まえ「必要な措置を講じる」とした。対象店舗の範囲などを巡り関係業界と調整するが、コンビニは義務化の対象となる見通しだ。

 使い捨てプラスチック削減は、比較の対象となる基準年を明示しておらず今後議論する。バイオ素材の利用拡大や、途上国のプラごみ処理支援も盛り込んだ。