村田、防衛戦を前に会見 ラスベガスで「自信持ってやる」

  • LINEで送る

WBAミドル級タイトルマッチに向けた記者会見後、ポーズをとる村田諒太(左)とロブ・ブラント=18日、米ラスベガス(共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】20日(日本時間21日)に行われる世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチの記者会見が18日、試合会場となる米ネバダ州ラスベガスのパークシアターで開かれ、2度目の防衛を目指す王者の村田諒太(帝拳)は「自信を持ってリングに上がるだけ」と堂々と語った。

 会見にベルトを持って登壇。プロモーターのボブ・アラム氏を挟み、挑戦者で同級3位のロブ・ブラント(米国)と中央に位置した。海外で自身初の世界戦という特別な雰囲気に「日本人記者も多いのでそれほど違和感がない。落ち着いて試合に臨めればいい」と穏やかな表情だった。