米財務長官、参加見送り サウジ記者不明が影響

  • LINEで送る

 【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は18日、ツイッターで、サウジアラビアで開かれる投資に関する国際会合「未来投資イニシアチブ」への参加を見送ることを明らかにした。サウジ政府を批判してきたサウジ人著名記者ジャマル・カショギ氏が行方不明になった事件が影響したとみられる。米メディアによると、参加見送りの動きは欧米を中心に広がっている。

 サウジから投資を受ける配車大手ウーバー・テクノロジーズのコスロシャヒ最高経営責任者(CEO)や、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事、フランスのルメール経済・財務相らも見送りを表明した。