西13―5ソ(18日) 西武13点、打線活発

  • LINEで送る

1回西武2死一、二塁、栗山が右越えに先制3ランを放つ=メットライフドーム

 西武は打線が活発で13点を奪った。3―3の二回は源田の適時打と浅村の3ランで4点を勝ち越した。栗山は3ランと2本の適時打で計6打点の活躍だった。多和田は序盤の乱調から立ち直り、四回からの3イニングを無得点に抑える粘りを見せた。

 ソフトバンクはミランダが2回7失点の誤算。投手陣が10四死球を与えて失点を重ねた。