建物の免震装置986件で不正 部品メーカー、検査データ改ざん

  • LINEで送る

免震装置などの検査データ改ざんを巡る記者会見で、謝罪するKYBの中島康輔社長(手前から2人目)ら=16日午後、東京都千代田区

 部品メーカーのKYBと子会社のカヤバシステムマシナリーは16日、地震の揺れを抑える免震装置と制振装置で性能検査記録データを改ざんする不正行為をし、全国の共同住宅や病院、庁舎など986件の建物に設置していたと発表した。不正があった装置は早急に交換するとしている。国土交通省は、不正な装置が使われた建物が震度7程度の地震で倒壊する恐れはないと説明している。

 不正行為は免震用と制振用の2種類のオイルダンパーで、不正な装置が取り付けられた建物は免震用が903件、制振用が83件。KYBによると、免震用は全都道府県の建物で、制振用は18都道府県の建物で採用されていた。